オーディオスクェアHP

2019年12月12日木曜日

中堅どころの実力や如何に!?



YBAから発売されているフォノイコライザーを 遅ればせながら聴いてみました

中堅機種の「Heritage」の冠を頂く Heritage PH100 と云う機種になります
PH100 ¥328,000-(別)

プリメインアンプ A100が¥380,000-(別)

する事を考えれば、如何に張り込んだ

作りになっているかは想像つきますが

それにしても フォノアンプと言うものは

(造り手にとっては)往々にして難易度が高く

技術のみならず、人柄のようなものが出たり

或いは何を考えて作ったものかなど

他の装置以上に「意図」が透けて見えるものだと思います


言ってみれば YBA(Yves-Bernard ANDRE)自体が アンドレさんそのものなので

音楽観のようなものは従来から表現されていたのですが

このフォノイコライザーを通して聴いてみた時 彼が、私達に

『音楽をどのように聴いて貰いたいか』


が分かったような気がしました


30万円台フォノEQとして 他のメーカーも含めて検討すると

あくまでも個人的には「帯に短し たすきに長し」的な感想は否めなかったのですが

これは 目の覚めるような音を出さないくせに、聴き手を退屈させない 魅力を持ち

非常に自由に創造・想像できる点において 秀逸の出来栄えと言って良いと思います


 入力は MM・MC それぞれ専用端子×1組

 出力は RCA×1組

 MCはトランスにて昇圧

 
 ・MM 47KΩ 45dB
 
 ・MC 2-100Ω 65dB
 

レコードを無心に聴きたくなる

(或いはその気にさせる 分をわきまえた)フォノアンプと言って良いと思います。
  

2019年12月11日水曜日

いらかのなみ

甍の波


其の十四

~  種子(たね)は飛んだ … か!?



以前、其の九で取り上げました McIntosh 真空管アンプの勇

C22とMC275Ⅵ

メーカー本国での生産が終了した案内でしたが

多くの反響があり 問い合わせも多くありましたので

今一度、最新の状況をご案内かたがた

プラスワンの話題をご紹介したいと思います

老兵は何処に?


あいにくプリアンプの C22 は完売したようですが

パワーアンプの MC275 及び MC75 は僅少ながら

国内在庫はあるようです

MC275Ⅵ ¥750,000(別)
75W+75W ステレオパワーアンプ

MC75 ¥1,000,000(別/ペア)
75W モノラルパワーアンプ

もう一度申し上げますが、ご検討中の方はお急ぎ下さい



マッキン初のハイブリッドアンプ


本日取り上げるのは 同じく McIntosh から発売されている

ハイブリッドアンプ MA252 です

MA252 ¥480,000(別)
プリ段:12AX7a×2、12AT7×2
パワー段:100W+100W(定格出力)

ハイブリッドアンプ自体が あまり多く出回っていないのと

他社比較は 日本的には まり美しい手法とは言えない ので

比較は同社のMA5300(¥550,000/別)として

先ずはそのルックスから見て頂きたい

瀟洒なデザイン、圧倒的な存在感

オーディオ自体、 そもそもが感覚的要素がたぶんに強いものですから

その外観だけでも 充分に存在価値があると思いますが

ソリッドアンプのMA5300と比べても

初段に真空管をフューチャーした意味は十二分にあり

鋭い立ち上がりや切れ味の良いソリッドのMA5300とは異なり

ボーカルや金管などは とてもメロウで粘りがあって艶っぽい仕上がりになっています

一聴しただけでも それぞれの「らしさ」発揮されていました

ルックスも含めてどちらのマッキンを選ぶのか

とても悩ましい存在になりますね




2019年12月5日木曜日

いらかのなみ

甍の波


其の十三

~  燦 燦 と ~



音へのこだわり

デザインへのこだわり

音楽性

ひいては思想にまで発展する

様々なこだわりの集大成であることに間違いはないのですが

Hi-CPの概念でも 下の写真のような使用例は如何でしょう

CEC  TL3 3.0 + McIntosh  MA5300
¥230,000(別)   ¥550,000(別)

トランスポート機能のプレーヤーとDAC搭載アンプの出逢い

接続は(今回)同軸のデジタルケーブル1本

TL3 3.0 はアップサンプリング(44.1 88.2 176.4kHz)機能付き

ダブルベルトドライブメカ搭載

MA5300のDACは同軸と光の入力を持ち

CECのそれぞれの周波数に全て対応できるため

なかなか使い勝手もよく

好みの部分はあるが、アップサンプリングも十分に

実用レベルに達していると思える出来栄え




毎度、毎度のEAGLES

ではあるが、

今回は敢えて

MQA-CDの

DOUBLE VISION も

通常再生してみたが

レコード世代の私にとっては MQAデコードされてない状態であっても

非常に好感の持てる出来栄えで

ノーマルディスクに絞った作りこそが

Hi-CPを生み出しているのではないだろうかとさえ想像する

MQA対応DACになれば より楽しみ方の幅が広がるし

燦々と降り注ぐ陽の光を浴びたような

清々しく潔い組み合わせに感謝・感謝 !!

2019年12月2日月曜日

DYNAUDIO スタンドセットキャンペーン


実 施 期 間

2019年11月30 ~ 2020年2月2日



年末年始にかけて スピーカーの導入をご検討中の方に朗報です!


DYNAUDIO製品群の中から

EMIT M10 & M20

EVOKE 10 & 20

CONTOUR 20

3機種 5モデルにつきましては、

それぞれ最適のスピーカースタンドと

セットしての特別価格にてご案内致します!


ブックシェルフにとっては 生命線 とも言えるスピーカースタンドですので

せっかくですから この機会をご利用頂き、より良いセットアップができますように!



NETPOINT 左からNP100、200、300

 捕捉で追加しますと


 スタンドと本体の間、スタンドの足元
 
 或いはその両方に、ネットポイントは

 如何ですか!?

 用途に応じて3タイプがあります



ストリングサスペンション構造と云う 他に類を見ない独特な構造ですが

特に 真新しいスピーカーのピーキーな音を落ち着かせるのには 大変有効です

頑張りすぎない リラックスサウンド がお望みならうってつけです。



どちらも店頭にてご案内中ですので、お気軽におたずね下さい。


2019年11月27日水曜日

♪ 帰ってまいりました ♪


♪ まだ何かを伝えるために ♪



有り余る時間を持てあましていた時に

ふと思いだし、手に取った1冊の本(下の写真)。

買った時に、ざっと目を通しただけだったので

この際じっくり見てやろうと思い 見直したのですが



ジェフ・ポーカロ


38歳と 若くしてこの世を去ったTOTOの天才ドラマーですが

この本は、彼の凄さを直接的に語るのではなく

いろんなアーティストのアルバム作りに参加したと云う視点で

具体的なアーティストや楽曲を紹介し

これでもか~というくらい控え目に称賛しまくるという

いたって日本らしい謙譲の美徳的な(?)称賛本と言って過言ではないと思うのですが

こんなこと書くと

小原さん始め、「ポーカロを聴く会」メンバーの方々に

怒られるかもしれませんね


日本人アーティストのアルバムにも多数参加しており

「へぇー」と思うもの 多数ありますが

「言われてみればなるほど~」と納得できるところが凄いデス


この本の最も凄いところは


何気に聴いていた楽曲で、彼のクレジットの無い曲だったとしても

『このリフだとポーカロかもしれない…』と気付くメンバーと

気になると その確認作業の手を緩めないフリークぶりなところ

その点に尽きると思います。



極める


好きさ加減、事実の探究心、無条件に楽しむ心

どれをとっても、なにをとっても

いずれにしても彼等は極まっています


『好きこそものの上手なれ』



オーディオに限らず

趣味全般、仕事、考え方や死生観みたいなものにまで

当てはめられるのではありませんか


これからも、音楽を通してより豊かな生活に繋がる一歩を

追及していきたいと思います

どうぞよろしくお願い致します


2019年11月7日木曜日

A  PLACE  IN  THE  SUN

陽のあたる場所



と聞いて



誰を思い出しますか?


何を思いめぐらせますか?


そしてあなたの物語は?



SEE YOU !!

FURUTECH  NCF Booster-Brace を聴く



NCFシリーズ最新のコンセントプラグをメンテナンス

するアイテムとして登場した本機を試してみる。

コンセントのプラグを通す格好になるけれど

決して、直接触れているわけではないので、効能は謎が多いのだが、

粗末なあり様でテストしてみました。(写真下)



テーブルタップから プリメインアンプと

レコードプレーヤーの電源をとり

ブレイスの有り/無しで比較してみると


あ・ら・ら・ら・ら ~ ? ?


アンプのグレードが上がった?

プレーヤー、カートリッジのグレードかな??


そんないに凄いシステムでもなく、タップにしてもオーディオグレードではないような

普通の物を使ってみましたが、そのせいか、使用の有無の差がひときわ

きわだつ感じでした。


音場はうんと広がるし、異次元のハーモニーが聴こえてくる

し、強い音の裏に隠れていた

音までが空間に表れてくるような有様。


まだ、一つのパターンしか試していませんが、 

NCFブースターシリーズのオカルトチックなくらいの効能は、

是非使って体験してほしいと思いました。


中堅どころの実力や如何に !? YBAから発売されているフォノイコライザーを 遅ればせながら聴いてみました 中堅機種の「Heritage」の冠を頂く Heritage PH100 と云う機種になります PH100 ¥328,000-(別) プリメ...