オーディオスクェアHP

2019年11月27日水曜日

♪ 帰ってまいりました ♪


♪ まだ何かを伝えるために ♪



有り余る時間を持てあましていた時に

ふと思いだし、手に取った1冊の本(下の写真)。

買った時に、ざっと目を通しただけだったので

この際じっくり見てやろうと思い 見直したのですが



ジェフ・ポーカロ


38歳と 若くしてこの世を去ったTOTOの天才ドラマーですが

この本は、彼の凄さを直接的に語るのではなく

いろんなアーティストのアルバム作りに参加したと云う視点で

具体的なアーティストや楽曲を紹介し

これでもか~というくらい控え目に称賛しまくるという

いたって日本らしい謙譲の美徳的な(?)称賛本と言って過言ではないと思うのですが

こんなこと書くと

小原さん始め、「ポーカロを聴く会」メンバーの方々に

怒られるかもしれませんね


日本人アーティストのアルバムにも多数参加しており

「へぇー」と思うもの 多数ありますが

「言われてみればなるほど~」と納得できるところが凄いデス


この本の最も凄いところは


何気に聴いていた楽曲で、彼のクレジットの無い曲だったとしても

『このリフだとポーカロかもしれない…』と気付くメンバーと

気になると その確認作業の手を緩めないフリークぶりなところ

その点に尽きると思います。



極める


好きさ加減、事実の探究心、無条件に楽しむ心

どれをとっても、なにをとっても

いずれにしても彼等は極まっています


『好きこそものの上手なれ』



オーディオに限らず

趣味全般、仕事、考え方や死生観みたいなものにまで

当てはめられるのではありませんか


これからも、音楽を通してより豊かな生活に繋がる一歩を

追及していきたいと思います

どうぞよろしくお願い致します


2019年11月7日木曜日

A  PLACE  IN  THE  SUN

陽のあたる場所



と聞いて



誰を思い出しますか?


何を思いめぐらせますか?


そしてあなたの物語は?



SEE YOU !!

FURUTECH  NCF Booster-Brace を聴く



NCFシリーズ最新のコンセントプラグをメンテナンス

するアイテムとして登場した本機を試してみる。

コンセントのプラグを通す格好になるけれど

決して、直接触れているわけではないので、効能は謎が多いのだが、

粗末なあり様でテストしてみました。(写真下)



テーブルタップから プリメインアンプと

レコードプレーヤーの電源をとり

ブレイスの有り/無しで比較してみると


あ・ら・ら・ら・ら ~ ? ?


アンプのグレードが上がった?

プレーヤー、カートリッジのグレードかな??


そんないに凄いシステムでもなく、タップにしてもオーディオグレードではないような

普通の物を使ってみましたが、そのせいか、使用の有無の差がひときわ

きわだつ感じでした。


音場はうんと広がるし、異次元のハーモニーが聴こえてくる

し、強い音の裏に隠れていた

音までが空間に表れてくるような有様。


まだ、一つのパターンしか試していませんが、 

NCFブースターシリーズのオカルトチックなくらいの効能は、

是非使って体験してほしいと思いました。


2019年11月6日水曜日

いらかのなみ

甍の波


其の十二

~ いつか見た少年の夢 2 ~



話は遡ること55年前の昭和39年(1964年)

第18回 東京オリンピック

その頃だから、戦後の復興とオリンピック特需で

国中が生命力に溢れていたことでしょう



その頃の 私が育った町には ひときわ大きな建物が二つありました

ひとつは市役所に隣接した消防署の火の見やぐら

もうひとつは 川を挟んだ向かい側にある唯一の デパート


当時の子供の目に映った景色は 恐らく想像つかないと思いますが

とにかく、とんでもなく大きな物に見えて

でも、どちらも5階建てくらいだったんだと思います


デパートの屋上には、更に高い場所がありまして

それは 飛行塔 でした

位置によっては、真下の舗道も見えたような記憶が…

目線を上げると 向いには火の見やぐら

遠くには(眼下からつながる)甍の波のその先の

田畑や山並みに繋がっていた風景が

まだ見ぬ未来に繋がって見えていた気がします


そして今までに 音楽を通して

色々な場所を訪れ

様々な人に出逢い

あらゆる感情を垣間見ました

想像と創造の産物でした

時空を超えられるマシンなんでしょうね!?

アキュフェーズ 新試聴室訪問

陽光うららかな3月某日。 昨年、落成された新社屋に新しい試聴室も出来たと聞き、遅ればせながら行ってきました。 創業以来、初の大規模な増資(?)と言ってよいのではないでしょうか。 本社屋隣の5階建てで、2階分に相当する高い天井の倉庫スペースの上、5階が目指す場所。 扉を開け ボーン...