オーディオスクェアHP

2019年10月17日木曜日

マーラー:交響曲第10番を聴く


よもや自分が聴くとは…

ましてやこのような紹介記事を書くとは…

夢にも思いませんでした

とは言え、クラシックの素地が全く無い私が

初めて興味を持った作家がマーラーだった と言っても信じられますか?


’80年代、某ウィスキーのTVCM

「大地の歌」

20世紀になってようやく「時代」がマーラーに追いついた

ていのフレーズが妙に刺さり興味を持った次第で

とりあえず手にしたのが5番でした

東洋人にも分かりやすい音楽~と云うフレーズも

聴いてみて納得できました


全く素地のない人間の聴いた感想なんて 何の意味も持たないと思いますし

正しく理解しているとも言い難い訳ですが

ただ一つ言える事は

私にとってのマーラーは

モノトーンの無声映画を見ているみたいで

時系列を無視して流れてくる描写を

しごく客観的に 遠景で眺めている感じ

ただそれだけで 理不尽なくらい心地良い


マーラー:交響曲第10番
ヨエル・ガムゾウ補筆完成版
素人の私が「未完の十番」とやらに手をだして良い

ものやら??と云う心配はありましたが

ただそれ以上に「補完」と云う言葉に魅かれて

手にしてみました


“一子相伝”


どんな名工にも寿命があり その技を受け継ぐ者がいるように

私達の歴史が ずうっと遙かな太古から今日に

紡がれてきたように

繋がることの重要性を説く一方で

その代で終わって、また新たに生まれてもいいのではないか?

と思ったりもします

寧ろ一子相伝の技こそ一代限りで終わり

門前の小僧たちの中からそれを凌駕する者が現れる

と云う楽しみ・喜びを味わう


よって、私はその「手が変わる」事実を あまり歓迎していませんが

ガムゾウも門前の小僧のひとりであり

遥かに凌駕する才をもった人なのかも~と思うと

未来の私達に残してくれた贈り物の中身が見たくなりました

一人一人の十番があって良く

掘り下げれば どこまでも哲学的で難解なものになるでしょうが

あるがままの心象風景に浸れるなら

それで十分なのではないか…と


秋の夜長にお薦めの1枚です





2019年10月14日月曜日

いらかのなみ

甍の波


其の十一

~ いつか見た少年の夢 1~



時は昭和46年(1971年)

国内では「う~ん、〇ンダム」と云うCMが流行り

「顎に何か付いてるよ」と言っては

顎を触ると このフレーズ!


♪ 振り向かないで〇〇の人 ♪

後ろからちょんちょんと肩をたたいて

振り返った瞬間に このフレーズ!!

そんな事をやって友人たちをからかっていたものですが

一方、TVの唄番組では

天地真理(水色の恋)、南沙織(17才)、小柳ルミ子(私の城下町)etc.

彼女たちを見ない日はないほどでした

当然、私も大好きでしたが、当時の好きな曲を挙げると

枚挙のいとまはなく 次から次へ浮かんで収拾がつきません


あの素晴らしい愛をもう一度 ~ 加藤和彦と北山修

・戦争を知らない子供たち ~ ジローズ


などは、比較的近年 懐メロCDで買いましたが

当時、欲しくても買えなかった曲を

今更ながらに買って 楽しんでおります


所謂 “大人買い” でもありませんが

今なら買えるわけで

何十年もの時間を埋めあわせするかのように

買い漁っている次第です


それでも、一番のお目当ては、長年 不明のままでした

当時、それは 突然、TVから流れてきました(CMソング)

本当に一瞬で虜になりました

声も歌い方も、まぎれもなく吉田拓郎 !! … なのに

拓郎ファンの友人らに聞いてもわからず

どんなにアルバム等を聴いても 行きあたらず

およそ40年間、分からずじまいだったのです


ところが、ある日、ひょんなきっかけで

『あれはナショナル(=Technics)のCMソングで非売品だったから

市販はしてなかったはずだよ…』

と、教えてくれる人があり、あまつさえ

ご実家がナショナルショップだったことから

当時のものが残っていないか 探してまでくれました


Technics CMソング
僕の旅は小さな叫び/吉田拓郎


残念ながら レコードは残っていませんでしたが

彼の知人のおかげで 長年の【つかえ】が取れました

これぞ 私がオーディオに憧れを抱いた原点!!


皆さんにも「始まりの曲」がおありなんじゃないですか!?

この機会に皆さんの原点を見つけてみては如何でしょう

音楽との向き合い方に新発見があるかもしれません


特選中古品 クリアランスフェア

GWは巣ごもり…?   ならばすすんで籠るってのはあり !? あの憧れの名器(?)をお手頃価格でお求め頂けるチャンス !!   デス      (掲載はアルファベット順です) ◇ プリメインアンプの部  ・Accuphase / E-600  ・Denon / DRA-100 ...