オーディオスクェアHP

2018年10月15日月曜日

【期間限定デモ】TEAC NT-505 & CG-10M にてMQA再生デモ中です。

今月下旬までの短期間デモ

TEAC

ネットワークプレーヤー 『 NT-505 』
&
マスタークロックジェネレーター 『 CG-10M 』

にて MQA 再生を店頭デモ中です。



上段 マスタークロックジェネレーター 『 CG-10M 』

 心臓部にあたる水晶発振器には、恒温槽を備えた発振安定度が高い
OCXO(Oven Controlled Crystal Oscillator)を採用。


10 MHz クロック信号のみとなりますが、

接続しないとするとでは格段に音質差が生じます。



下段  『 NT-505 』

DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bit対応
デュアルモノーラルUSB DAC/ネットワークプレーヤー


MQA デコーダーを搭載しているのをはじめ

オープンホーム対応でアプリ操作のレスポンスもよく

USB はバルク転送にも対応。

Bluetooth は、

LDAC, Qualcomm aptX HD, aptX, AAC, SBC と

最新コーデックをほぼ網羅


品薄状況が続くのが良くわかります。


A4 サイズと非常にコンパクトですが、

秘めた実力は国産の中では、群を抜いています。

 
ぜひ、この機会に MQA のみならず

デジタル オーディオの進化を

ご体感ください。

AIR TIGHT ☆新製品アンプを聴く☆

今回は211シングル採用のモノラルパワーアンプが主役です ATM-2211J(¥2,200,000-/ペア) 211シングルで32Wを確保 大抵のスピーカーは駆動できそうな心臓部です それとペアを組む、プリアンプ ATC-5と昇圧トランス ATH-3s が Air Tight ...