オーディオスクェアHP

2018年8月15日水曜日

【AirPlay2 対応】DENON製品 アップデート対応機器 増えてます。

iOS をご使用の方ならご存知かと思われますが、

AirPlay 2は
iOS 11.4でiPhoneやiPadなどのiOSデバイスに追加された新機能です。

対応機器のファームウェアをアップデートするとApple Musicの再生や
複数のAirPlay 2対応機器によるマルチルーム再生が可能になります。
また、操作を行ってから音声が再生されるまでの時間の短縮や
動画コンテンツを再生した際の映像と音声との同期精度の向上など、
従来のAirPlayよりも快適にコンテンツを楽しめるようにアップデートされています。
さらに、Siriによるボイスコントロールも可能なため、
Apple MusicやiPhoneのライブラリから声で選曲することができます。

AirPlayは、
iTunesやiPhone、iPod touch、iPadで再生している音楽や動画、画像を、
家庭内のネットワークを経由して他の機器でストリーミング再生する機能です。
 ※ Apple Musicの楽曲をお楽しみいただくには有料プランのアカウントが必要です。


DENON製品では、

HEOSテクノロジー搭載AVアンプ9モデル、
これから発売になりますネットワークオーディオプレーヤー「DNP-800NE」、
ネットワークCDレシーバー「RCD-N10」、
既に発売中のサウンドバー「HEOS HomeCinema」が
ファームウェア・アップデートにより
「AirPlay 2」に対応しました。

※2016年製・2017年製のHEOS対応AVアンプも含まれます。
 こちらのページでご確認ください。












DENON製品の場合、
HEOSアプリに対応している機器同士でしたら
マルチルーム再生は可能です。

AirPlay2に対応した製品にも
同様な機能が加わり
利用できる機器が増えて
使い方が広がったと思われます。


↑特に上の画像にある
『 RCD-N10 』 ネットワークCDレシーバーは、
期待の製品。

これからネットワークオーディオをはじめるには
うってつけかもしれません。


肝心の AirPlay2 対応スピーカーですが、
『 HEOS HomeCinema 』以外ですと
Apple純正 Homepod が日本国内で未発売の為
他社製の製品を捜す必要がありそうです。
まだ少ないようですが。


iTunes内のライブラリーを楽しむなら
AirPlay2 対応機器を

ぜひご検討ください。

AIR TIGHT ☆新製品アンプを聴く☆

今回は211シングル採用のモノラルパワーアンプが主役です ATM-2211J(¥2,200,000-/ペア) 211シングルで32Wを確保 大抵のスピーカーは駆動できそうな心臓部です それとペアを組む、プリアンプ ATC-5と昇圧トランス ATH-3s が Air Tight ...