オーディオスクェアHP

2017年10月18日水曜日

【DENON HEOS】HEOS Link の活用方法

何度かご紹介しています、”DENON  HEOS”

その中でもワイヤレスのプリアンプとして活用できる

『 HEOS Link 』

の活用方法のおさらいです。



店頭では接続デモ試聴ができます。

これ単体だと何だか判りませんが、

普通にプリメインアンプとも接続ができます。


 
HEOSとはメーカーさんの名称なので

使う機能として、ワイヤレスのネットワークプレーヤーと捉えてください。



このサイズのネットワークプレーヤーは

他社ですとオラソニックやTEAC等くらいでしょうか。

CDジャケットサイズです。



光 ・ 同軸 ・ アナログプリアウトと

出力を装備

接続機器を問いません。



接続環境としましては、

ホームネットワークを行っていて

HEOSアプリをインストールできる端末があること。

『 ♪ ミュージックサーバー 』

↑ こちらがネットワーク上の音楽データを

操作するメニューです。



若干飛ばしてますが、

曲目リストの表示


 
 アルバムアートが保存されているデータも

この通り表示されます。


アプリのアップデートも頻繁に行われていますので

欲しかった機能が追加される可能性も

USBメモリー や Bluetooth 受信も出来ますので

活用方法は盛沢山

ぜひ ネットワークプレーヤー を導入検討されている方

選択肢の一つに入れてみては如何でしょう。

AIR TIGHT ☆新製品アンプを聴く☆

今回は211シングル採用のモノラルパワーアンプが主役です ATM-2211J(¥2,200,000-/ペア) 211シングルで32Wを確保 大抵のスピーカーは駆動できそうな心臓部です それとペアを組む、プリアンプ ATC-5と昇圧トランス ATH-3s が Air Tight ...