オーディオスクェアHP

2019年7月31日水曜日

KITHIT 登場 !!



フィルム型スーパーツィーター


HIT-STF ¥198,000(ペア/別)
fレンジ:16kHz~75kHz
横浜店 店頭に並ぶのは久々です。

合成分子素材フィルムを半円筒状に加工された

HIT-STFは 前方エリアをカバーするタイプ。

上位モデルには360°カバーするHIT-ST2もありますが

素材を変えずにコストダウンできたHIT-SFTは

充分に魅力溢れるスーパーツィーターに仕上がっています。




早速、TAD/ME-1に装着して聴いてみました。


Accuphase C2850+P7300+DP750
試聴ディスク 先ずはJ.S.バッハの

「トッカータとフーガ 二短調」
   アレシュ・バールタ(オルガン)

「アヴェ・マリア」
   ヒブラ・ゲルズマーワ(ソプラノ)

の2曲

  鮮烈なあのオルガンの出だしは

  一瞬であたりの空気を変え

  洪水のようにたたみ掛けてくる

  また、重低音の沈み込みは見事という以外に言葉がみつからない
 
  まるで漆黒の闇から湧き上がってくる霧が 地を這い覆い尽くすようだ

 
  また、ソプラノはどこまでも透明で、ホールの高さもさらに強く感じさせてくれた

  まさにスーパーツィーターの真骨頂とも言うべき効果



続いて EAGLS “Hell Freezes Over”の中から

6曲目に収録されている Hotel California

色んな試聴イベントなどでもよく使われていて

お馴染みの優秀録音XRCDですから

お持ちの方も多いかと思います



  キックドラムは力強く 量感たっぷりなのに 残響が気持ちよく消えてくれる

  アコースティックギターは鮮やかに響き合いながら

  歓声に押されてボーカルが伸びやかに入って来て その場の空気を支配する

  ライブの臨場感 半端ない !


このHIT-STFをためして感じた私見ですが

 ① 元のスピーカーの音色を変えることなく 低域・高域

   両方向ともに力強く伸びるが、決してわざとらしくない

 ② 部屋の広さにもよりますが(当試聴室は約68㎡、天井高3.5m)

   音の粒子が 部屋中に充満するような密度感がある


総括すると、この気持ちよさは一度味わうとクセになるゥ~です。



上位機種のHIT-ST2は360°に放射、fレンジも100kHzまでと さらにさらに

ハイスペックですが、前方位のみのSTFを追加しただけでも、

「こんなに空間の響きが豊かになるなんて信じ難い」

或いは

「ここが自分の部屋か!?」

貴方も 聞けば きっと思うはずです



AIR TIGHT ☆新製品アンプを聴く☆

今回は211シングル採用のモノラルパワーアンプが主役です ATM-2211J(¥2,200,000-/ペア) 211シングルで32Wを確保 大抵のスピーカーは駆動できそうな心臓部です それとペアを組む、プリアンプ ATC-5と昇圧トランス ATH-3s が Air Tight ...