オーディオスクェアHP

2019年12月27日金曜日

AIRTIGHT 見参


期間限定試聴可


国内真空管アンプメーカーのエアータイトから、話題のアンプが届きました。

 ・フォノコントロールアンプ ATC-5(¥740,000/別)

 ・300Bステレオシングルパワーアンプ ATM-300R(¥950,000/出力管別売り)

 ・高槻製真空管 TA-300B (¥165,000/ペア)など



時代を超えた再現性


ATC-5の開発コンセプトにも書かれていますが

~ テクノロジーとアートが理想的に掛け合わさることによって

目も眩む「音楽」に昇華する ~ とあります。


まさにオーディオのあるべき姿を(オーディオメーカーが)

潔く ここまで言い切る姿勢には感服します。

私も全く同感で、エンジニアだけでは駄目~と常々申し上げておりますが

アーティストの心が伝わってこそ 音から音楽に、まさに昇華すると言う事ですね。



不覚にも目頭が熱くなりました


 →試聴に使った主な機材とディスク

  ・スピーカー:PIEGA  Premium301+Stand300
  ・SPケーブル:MAXONIC  響

  ・CDプレーヤー:Accuphase  DP750

  ・カートリッジ:SHURE  V15TypeⅢ

  →LP:Double Fantasy~John Lennon&Yoko Ono
     :Un Plugged~Eric Clapton
     :BLUES ette~Curtis Fuller's Quintet
     :マザースカイ~森田童子
           etc.

  →CD:TOTOⅣ~TOTO
     :LIVE IN PARIS~DIANA KRALL
                  :春の祭典~ショルティ指揮、シカゴ交響
                                       etc.


300Bと言う事もあって、欲張らずに小型で完成度の高いスピーカーと

ボーカル中心の小編成という構成で試聴しました

“WOMAN” が流れてきた時 時間が止まった気がしました

40年前のそのまま…だったのです

“Tear in Heaven”もしかりでした

四季 第3番「秋」第3楽章には胸の高鳴りすら覚えました



聴いた音源全てに共通していたのは

作者やプレイヤーの存在が歴然で温度感や質感がしっかり伝わってくるので

相応の覚悟を決めて じっくり聴いて頂きたい

この装置で思い出の一曲を聴くならば、思わず目頭が熱くなるかもしれません

ゆめゆめ油断召されるな






AIR TIGHT ☆新製品アンプを聴く☆

今回は211シングル採用のモノラルパワーアンプが主役です ATM-2211J(¥2,200,000-/ペア) 211シングルで32Wを確保 大抵のスピーカーは駆動できそうな心臓部です それとペアを組む、プリアンプ ATC-5と昇圧トランス ATH-3s が Air Tight ...